2017年11月05日

こむぎちゃん

みなさま、いかがお過ごしでしょうか。
ブログすっかりご無沙汰してます。
僕自身はクリが逝ってからのつらさや寂しさはだいぶ薄れ
いないことにすっかり慣れてしまったことが寂しい今日この頃です。
クリが月に行ってしまってもうすぐ4ヶ月。
生きていたらそろそろ13歳でしたかね。
夏前、脚怪我する前には、いけるんじゃないかなとちょっとは思っていたけど。
だからこむぎちゃんは13歳越えて、正直羨ましかった。
クリの分まで頑張って長生きしてよと思いつつも、
でもクリは充分長生きしてくれたから、
クリのこと関係なく長生きしてくれよと思ってた。
夏以降、クリが死んで悲しくつらく寂しいと思う反面、
クリは充分長生きしたから仕方ない当然のことなんだと
常に感じていた。クリはよくやった、頑張った。
こむぎちゃんはもっとよくやった、もっと頑張った。
こむぎちゃんとは0歳の頃から知ってたから長かったなぁ。
エイプリルフールネタに引っかかったという記事のブログを
偶然読んで、これは自分ちのことだと思って、それから
知り合いになったと記憶してる。
今頃はクリがボケてこむぎちゃんに突っ込まれてたりするのかな。

こむぎちゃん、バイバイ。
posted by kanomi at 23:30| 宮城 ☁| Comment(2) | うさぎ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月12日

ウサコ命日

7月12日、ウサコの命日。
なんとなく、この辺でクリを迎えに来るんじゃないかなとか
思ってたけど、少し早く迎えに来ちゃった。
早く会いたかったのかな。
c67c.jpg
月ではクリの面倒見てくれているかな。

動画はあんまり撮ってなくて、これがクリを撮った
最後の動画です。
脚怪我した数日後で、歩けないながらもまだ
よく食べて元気もあった頃です。
手、舐めてくれてます。
posted by kanomi at 23:26| 宮城 ☁| Comment(9) | TrackBack(0) | うさぎ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月10日

7月8日

7月8日、土曜日に火葬してもらいました。
日曜は市のペット斎場は休みで、月曜にすると
気温が高くて腐敗が進むとイヤだから、亡くなったクリとは
一晩過ごすだけで我慢して、金曜にすぐ予約して土曜に済ませることにした。
最初はもうちょっと一緒に過ごして月曜の方が良かったかなとも思ってたけど、
クリの遺体があるとつい見てしまい、声かけてしまい
今にも動きそうなのに動くはずがない現実がつらすぎて
一晩だけにしといてよかったと思った。
20170710-02.jpg
左がクリで、右は2004年7月14日に火葬してもらったウサコです。

昨日部屋をいろいろ片付けていたら、こんなのが出てきた。
換毛時にふざけて集めていた毛だ。
20170710-03.jpg
例年6月ごろは一年で最も激しい換毛なんだけど、今年はまったくなかった。
それですっかり忘れていた。クリが生きてるうちに処分しておけば
よかった。そしたらただのゴミだったのに。
今となってしまっては貴重な形見になってしまった。
しかも触るとクリの感触が蘇る悪魔的な形見だ。どうしよう。
せめて火葬前に気づけば一緒に焼いてもらったのに。


7月5日のクリ。この頃は毎日クリの写真撮ってる。でも
寝てるところばっかり。
これは左手で撫でながらがんばって右手で撮った。
20170710-04.jpg
撫でられると気持ちいいし、その後で口の方に手を持って行くと
最後まで舐め返してくれた。

この下のリンクにクリの最後の姿の写真載せてます。
似たようなの、家でもうちょっとちゃんときれいに撮ってたけど
今回載せたのは火葬場に着いて、車の中で撮った本当に最後の姿です。
月までのお弁当に大好きだったフェンネルとタンポポとハコベと
エンバクとペレットとビワの葉を持たせてあげました。

クリの最後の写真
posted by kanomi at 22:57| 宮城 🌁| Comment(6) | TrackBack(0) | うさぎ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする